1歳児が夢中になった図鑑6選!おすすめタッチペンも紹介

この記事は、1歳から楽しめるおすすめの図鑑6冊をご紹介します。

「1歳向け図鑑の選び方がわからない」

「おすすめはどれ?」

と悩んでいませんか?

1歳のような低年齢の子向けの図鑑を選ぶのって難しいですよね。

私も娘が1歳の時は、ネットや本屋で探しても選ぶ基準が分からなくて悩んでました。

我が家では、1歳の頃から図鑑の読み聞かせをしてたので発語が早く、物や生き物の名前がたくさん覚えられました。

3歳になった今は、自分から「これ読む!」と私ところに図鑑を持ってくるほど図鑑好きに成長しています。

そこで今回は、実際に読んでよかった1歳から読めるおすすめ図鑑を6冊紹介します。

この記事を読むと、失敗しない1歳から長く使えるおすすめ図鑑選がわかりますよ。

1歳向け図鑑選びに悩んでいるママ・パパは最後までご覧ください。

1歳児が夢中になった図鑑!おすすめは?

図鑑には、一般的な「本型」と「タッチペン」の2種類があります。

まずは、おすすめ「本型の図鑑」を3冊紹介します。

  1. こどもずかん
  2. ドラえもんはじめてずかん
  3. しゃしんがいっぱい! はじめてずかん415

①こどもずかん

引用:Amazon

こどもずかんは、0,1歳児から読める図鑑の中で一番有名なんです。

「0,1歳から図鑑教育をしたい!」という家庭には必ずあると言っても過言ではありません。

中身はこんな感じで、親しみやすいかわいいイラストが載っています↓↓

引用:Amazon

イラストの下には、日本語と英語で物の名前が書かれているので英語学習としても役立ちます。

動物以外にも10のジャンルが載ってるのでこの1冊を繰り返し読むだけでかなりの量の言葉が覚えられますよ。

  • 動物
  • 果物
  • 野菜
  • 乗り物
  • 色 

娘はお花のページが好きなので、いつも好きなお花を指差しながら読んでいます。

子ども受けがいいのはもちろんですが、コスパも良く親にとってもメリットだらけです。

パワーアップしたよくばりバージョンもあります↓↓

\ 200万部突破 /

こどもずかんシリーズ本はこちら↓↓

②ドラえもんはじめてずかん

ドラえもんはじめてずかん

ドラえもんはじめてずかんは、①こどもずかんのドラえもんバージョンです。

ドラえもん好きな子は、気に入ること間違いなし!

娘はドラえもんが大好きなので、かなり食いつきがよかったです。

10のカテゴリーに分かれていて、可愛くて分かりやすい♪

日本語の下には英語も書かれています。

英語表記の例

私が「beef!」というと、娘もマネして「beef!」と言ってくれるので英語の勉強にもなっています。

0歳~3歳までは全ての国の言葉が聞き取れる耳を持っています。

そんな言葉の天才時期に日本語だけ聞かせるのはもったいない!

英語の下にはカタカナで発音が書かれているので、英語が苦手なママ・パパでも大丈夫。

もちろん日本語も覚えながら一緒に英語でも教えてあげてくださいね♪

「たべもの」以外にも、3シリーズあるよ↓↓

③しゃしんがいっぱい! はじめてずかん415

引用:Amazon

はじめてずかん415は、実物写真が載っている図鑑です。

「イラスト図鑑に慣れてきたから次は写真図鑑欲しい!」

「イラストじゃなくて実物写真が載った図鑑が欲しい!」

こんな方にピッタリの図鑑です。

写真図鑑は、実物の虫などを怖がる子もいるので、子どもに興味や成長に合わせて選んでください。

まりぷー
まりぷー

我が家では、写真図鑑を怖がらなくなった1歳半から読み始めたよ!

実際にこの図鑑のポイントは、下写真のように数・形・色の学習になるページがあることです。

引用:Amazon

低年齢の子向き図鑑は、生き物や乗り物など「モノ」を学ぶ図鑑が多いですが、はじめてずかん415は、モノを学ぶページだけでなく、数・形・色まで学べるページもあるので長く使えます。

お出かけに関する写真やイラストが載っている「はじめてずかんプラス」もあります。

1歳から遊べるおすすめタッチペン図鑑

タッチペン図鑑は、子どもの食いつき抜群!

ママ・パパ一緒に遊んであげられない時でも子どもだけで使えるため、最低1台は持っててほしい図鑑です。

使ってよかったタッチペン図鑑を3種類紹介します。

  1. タッチペンで音が聞ける! はじめてずかん1000
  2. にほんご×えいご おしゃべりことばずかん
  3. アンパンマン!おしゃべりいっぱいことばずかんSuperDX

①タッチペンで音が聞ける! はじめてずかん1000

上で紹介した「はじめてずかん415」のタッチペン図鑑バージョンです。

販売当初はあまりにも人気がありすぎて生産が追い付かず品切れになったくらい評判が高いタッチペン図鑑なんです。

中身はこんな感じで、はっきりとした写真が載っています↓↓

引用:Amazon

人気のヒミツは、ただ写真にタッチして言葉を発するだけじゃないから!

クイズモードやスープづくりモードがあり、遊び要素満載の実践型の図鑑です。

ひらがな・カタカナのページもあるので文字学習にも役立ち、長く使えます。

家事などをして一緒に読んであげられなくても、一人で黙々と遊んでくれるので助かります。

②にほんご・えいご おしゃべりことばずかん

引用:Amazon

日本語・英語が633語収録されているタッチペン図鑑です。

中はかわいいイラストがたくさん載っているので写真図鑑が苦手な子でも大丈夫!

引用:Amazon

英語の歌が聞けるページあり、娘は体を揺らしながらリズムを取って楽しんでくれています。

2歳4か月になると、クイズにも答えられるようになっていたので、しっかりモノの名前が覚えられてるんだなと感心しました。

口コミを見ても、「この図鑑で遊んでから言葉が増えた!」「生き物の鳴き声も学べていい!」と評判です。

口コミ通り私も値段以上の価値を感じているので購入してよかったです。

図鑑だけではなく、しっかりおうち英語教育したい方は下記記事をご覧ください。

おうち英語教材おすすめ14選!

③アンパンマン!おしゃべりいっぱいことばずかんSuperDX

アンパンマン好きな子にはぜひ使って遊んで欲しい図鑑です。

日本おもちゃ大賞を受賞しており、知育好き家庭には必ずあると言っても過言ではない知育玩具です。

人気のヒミツは・・・

  • 収録言葉数2200種類以上
  • 日本語1400語以上
  • 英語800語以上
  • 二語文350文以上

他のタッチペン図鑑と比べものにならないくら語彙数がとにかく豊富!

使い方が簡単なので、発語が増える1歳からの言葉学習に大活躍します。

具体的には、「おなべ グツグツ」「フライパン ジュージュー」のように、物の名前だけでなく効果音も流れます。

さらにアンパンマン言葉図鑑の凄い点は、単語だけではなく「クイズ・イベント・二語文」など遊び方が豊富なところです。

単語・二語文・クイズといろんなモードがあるので、1歳~5歳頃まで長く遊べますよ。

他のタッチペン図鑑と比べで値段が高いので購入するか悩みましたが、想像以上に高機能で毎日遊ぶほど喜んでいるため、本当に買ってよかったです。

録音機能が付いた最新パージョンもあります↓↓

他にも買ってよかったアンパンマンおもちゃを知りたい方は、下記記事をご覧ください。

失敗しないアンパンマンおもちゃ10選!

1歳向け図鑑の選び方

「イラストor写真、どっちの図鑑がいい?」

「大きさはどれくらいのものがいい?」

1歳向けの図鑑を選ぶ時、 何を基準に選べばいいか悩みますよね。

1歳の図鑑は、下記3つのポイントを押さえて選べば失敗しません。

  • 図鑑デビューは「イラスト図鑑」を選ぶ
  • 文字よりイラストor写真が大きく載っている
  • ボードブック素材の図鑑にする

最初はイラスト図鑑を選ぶ

実物写真のように、リアルな図鑑を選ぶと怖がる可能性があります。

最初はイラスト図鑑を選ぶといいですよ。

果物や乗り物だと写真で見ても怖がる子はいませんが、生き物が載っている写真図鑑は怖がって図鑑を嫌いになる原因になる可能性があるので注意してください。

まりぷー
まりぷー

娘は1歳2か月の時、ライオンや魚の写真を見て怖がってたから

既にテレビや写真で実物の生き物を見るのに慣れていれば写真図鑑でも大丈夫です。

文字よりイラストor写真が大きく載っている

図鑑と言えば、芦田愛菜ちゃんが愛読していたことで有名な「小学館NEOシリーズ」を思い浮かべる人は多いと思います。

1歳児の図鑑は、NEOのように文字がたくさん載っている図鑑を避けましょう。

もちろん文字は大切ですが、イラストor写真の方が目立っていたら興味を持ってくれません。

1歳児の図鑑は、イラストor写真が大きくはっきりしているものを選んでください。

ボードブック素材の図鑑にする

1歳から読める図鑑は、分厚くて丈夫なボードブック素材のものを選びましょう。

1歳児はまだ、本を舐めたり投げたり乱暴に扱ってしまうことがよくありますよね。

薄い紙質の絵本や図鑑だと

「買ったばっかりなのに破ってる」

「読む前にボロボロ」

なんてことはしばしば・・・。

1歳児でも分厚くて丈夫な素材の図鑑ならすぐに傷まず長く使えるので安心です。

図鑑の知育効果

2年間、図鑑の読み聞かせをして、図鑑には下記2つの知育効果があると感じています。

  • 言葉覚えが早い
  • 考える力が身に付く

言葉覚えが早い

図鑑は、絵本より1冊に載っている単語数が豊富です。

イメージしやすいイラスト・文字も載っているため、2歳までにたくさんの言葉が覚えられました。

我が家では、私がイラストを指差して「これはなに?」とクイズ形式で図鑑を読んでいました。

他にも、私が「ウサギ!」と言うと、娘も「ウサギ!」と言って、単語を復唱することで言葉がスムーズに覚えられたのだと感じています。

実際に図鑑を読み始めてから

「犬=イヌ」

「ウサギ=ウサギさん」

と言えるようになりました。

満2歳になると図鑑に載っている好きな動物・色・数字(1~10)が言えるようになったので、図鑑の読み聞かせ効果を実感しています。

考える力が身に付く

テレビだと、気になったり疑問に思ったシーンがあっても止められないですよね。

一方図鑑は、気になった写真や文字があると自分のペースで繰り返し読めるので、考える力が養われると言われています。

娘は初めて図鑑でゾウを見たとき、じ~っとゾウのイラストを眺めて私に「なに?なに?」と聞いてきました。

私が「ゾウだね、パオーン」というとマネして、ゾウのページを見るたびに「ゾウね!」「パオーンパオーン!」と繰り返し言うようになりました。

図鑑のおかげでになると2歳、知らないものを見るたび「これは何?」と聞いてくるようになり、考える習慣が身についていると実感しています。

図鑑を読んで言葉をたくさん覚えよう!

いかがでしたか?

今回は、1歳から読めるおすすめ図鑑を6種類を紹介しました。

図鑑は絵本より手軽に読めて、子ども一人でも楽しめるので1歳児にはピッタリの知育教材です。

言葉を覚え、考える力が養えるので良いこと尽くし!

この記事を読んで、1歳からでも楽しめる図鑑選びの参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA