100玉そろばんのおすすめ5選を比較!後悔しない選び方を解説

この記事は、100玉そろばんのおすすめ5種類を比較しながらご紹介します。

「100玉そろばんのおすすめはどれ?」

「選び方がわからない」

こんな悩みはありませんか?

Amazonや楽天で100玉そろばんを検索すると、たくさん出てきてどれがいいか迷いますよね。

見た目が同じなのでどれでもいいと思いがちですが、適当に選ぶと失敗します。

よく調べるとメーカーによって特徴や使いやすさが全く違うので!

そこで今回は、失敗しない長く使える100玉そろばんを5種類ご紹介します。

この記事を読むと、優秀な100玉そろばんが見つかりますよ。

100玉そろばん選びに悩んでいるママ・パパはぜひご覧くださいね!

100玉そろばんのおすすめ5選

Amazon・楽天で大人気のおすすめ100玉そろばんは5種類あります↓↓

  1. 【くもん】玉そろばん120
  2. 【トモエ】そろばん
  3. 【ダイイチ】播州そろばん
  4. 【学研】遊びながらよくわかる 木製100玉そろばん
  5. 【サクラクレパス】雲州堂 百玉そろばん

①~⑤まで、人気順にご紹介しますね。

1位:【くもん】玉そろばん120

引用:Amazon

圧倒的に人気な100玉そろばんは「くもん」!

どれがいいか迷ったら、「くもん」を選べば間違いないです!

まりぷー
まりぷー

我が家もくもんを買ったよ!

実際にくもんの100玉そろばんを使って分かった、メリット・デメリットをまとめました↓↓

メリット

  • 120玉ある
  • 数字とイラストの紙ボードがある
  • 成長&理解度によって使い方を変えられる
  • 5玉ずつ色分けされていて視覚的に理解しやすい
  • 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

デメリット

  • 乱暴に扱うと台紙が傷む

他の100玉そろばんとの大きな違いは、120玉あること!

100以上の数字が学べるので、100玉そろばん界では一番人気があるんです。

まりぷー
まりぷー

私も120玉あるのはくもんだけだったからくもんを選んだよ!

低年齢の子でも数字が理解しやすいよう、イラストボードが付いているのも魅力的↓↓

低年齢の子~小学生まで、長く使える工夫がされています。

2位:【トモエ】そろばん

引用:Amazon

「トモエそろばん」は、大正9年創業の老舗そろばんメーカーが制作しています。

全国の小学校でも使わている、安心安全な算数・数字学習教材です。

100玉そろばん界では超有名なので、「くもん」か「トモエ」のどちらにするか迷う方が多いくらい人気なんですよ。

まりぷー
まりぷー

私もどっちにするかすごく悩んだよ

「トモエそろばん」のメリット・デメリットをまとめました↓↓

メリット

  • そろばんメーカーが制作していて安心感がある
  • 5玉ずつ色分けされていて視覚的に理解しやすい
  • 立てても寝かせても使える
  • デザインがシンプル
  • 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

デメリット

  • 数字が書かれていない

トモエそろばんの特徴は、超シンプル!

「教育現場でも使われている、安心のあるそろばんがいい!」

「シンプルなデザインがいい!」

こんな方は、トモエそろばんがピッタリです。

3位:【ダイイチ】播州そろばん

引用:Amazon

「ダイイチ播州そろばん」は、玉が本物のそろばんと同じ形をしています。

そろばんの形をしているのは、ダイイチだけ!

はじく音がとても良いので、子どもが何度もカチカチしても「うるさいな」と感じません。

まりぷー
まりぷー

将来そろばんを習う予定なら、数字学習と一緒に玉をはじく練習にもなるよ!

「ダイイチそろばん」のメリット・デメリットをまとめました↓↓

メリット

  • 玉がそろばんの形をしている
  • 数字が書かれている
  • 5玉ずつ色分けされていて視覚的に理解しやすい
  • 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

デメリット

  • 本体が他の100玉そろばんと比べて小さい

他の100玉そろばんと比べて、全体的にサイズが小さめなので、コンパクトなサイズを探している方にはピッタリです。

4位:【学研】遊びながらよくわかる 木製100だまそろばん

引用:Amazon

「学研」は、本体に1~100までの数字が印字されています。

11以降の数字が本体に印字されているのは「学研」だけ!

台紙ではなく、本体に100までの数字が書かれたものが欲しい方にはピッタリですよ。

「学研そろばん」のメリット・デメリットをまとめました↓↓

メリット

  • 本体に数字が書かれている
  • 小さい子でも理解しやすいおけいこシート付き
  • 上下の玉の間隔が広くて移動させやすい
  • 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

デメリット

  • 5玉ごとに色分けされてない
  • 角度が変えられない

他の100玉そろばんと違い、付属品が豊富↓↓

引用:Amazon

数字・イラストが描かれたおけいこシートやカード・ドリルが付いているので、年齢や理解度によって使い方が変えられるので長く使えます。

まりぷー
まりぷー

ゲーム感覚で算数・数字学習できるのがいい!

「遊び感覚で使えるものがいい」という方は学研を検討してあげてくださいね♪

5位【サクラクレパス】雲州堂 百玉そろばん

引用:Amazon

サクラクレパスらしい可愛いデザイン♪

メリット

  • カラフルでかわいい
  • 5玉ずつ色分けされている

デメリット

  • おもちゃ感のあるデザイン
  • 両端に玉を分けたとき上下の玉が被る

100玉そろばんは、シンプルなデザインのものが多いです。

サクラクレパスそろばんはカラフルなので、可愛いデザインが欲しい方にはピッタリですよ。

ここまで5種類のおすすめ100玉そろばんをご紹介しました。

「結局どれが我が子に合うかわからない!」という方は、下記の基準に検討してくださいね↓↓

【一番評判がいい】
・くもん
【本体に数字が書かれているものがいい】
・ダイイチ
・学研
【遊び感覚で学習したい】
・学研
【5色で色分けされているのがいい】
・くもん
・トモエ
・ダイイチ
・サクラクレパス
【コンパクトサイズがいい】
・ダイイチ
【両端に玉を分けたとき上下の玉が被らないものがいい】
・くもん
・トモエ
・ダイイチ
・学研

100玉そろばんと同じ、指の運動や思考力が高められる知育玩具と言えば「マグフォーマー」。

我が家では1歳の時にマグフォーマー遊びを始め、指先の運動やじっくり考える癖が付いたと実感しています。

優秀なマグフォーマーを知りたい方は下記記事をご覧くださいね↓↓

マグフォーマーは1歳ではまだ早い?遊び方を写真で徹底解説

マグフォーマーは1歳ではまだ早い?遊び方を写真で徹底解説

買ってよかった!くもんの玉そろばん120

我が家は、「くもん」と「トモエ」どちらにしようか悩みに悩んだ結果、「くもんの玉そろばん120」を購入しました。

くもんにした理由は3つあるのでご紹介しますね↓↓

  1. 120玉ある
  2. 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない
  3. 5玉ずつ色分けされていて視覚的に理解しやすい
  4. 年齢・理解度によって使い方が変えられる

①120玉ある

くもんを選んだ一番の決め手は、玉が120個あるから。

120玉あるのは「くもん」だけなんです!

購入当時満3歳だった娘にとっては、100玉あれば十分でした。

でも、小学校入学するまでには100以上の数字を覚えて欲しかったのでくもんを選びました。

まりぷー
まりぷー

3桁の数字を教えられるのはくもんだけ!

②両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

くもんは、両端に玉を分けたとき上下の玉が被りません↓↓

上下で玉が被らないので、3歳の娘でも数を数えやすかったです。

③5玉ずつ色分けされていて視覚的に理解しやすい

5玉ずつ赤と青で色分けされています。

5つで色分けされていると、視覚的に数が認識しやすかったです。

以前は、1~10までの数は理解できていましたが、数ごとに分ける作業が何回教えてもできませんでした。

くもんの玉そろばん120を使い始めてからは、「5つに分けて!」「6つに分けて!」というとすぐに分けられるようになりました。

まりぷー
まりぷー

5つで色分けされていると、数字学習初心者の低年齢児でも数の概念を理解しやすい!

④年齢・理解度によって使い方が変えられる

くもんは、付属品が豊富!

2枚ある台紙は表裏に数字&イラストが描かれているので、年齢や数字の理解度によって使い分けられるのがよかったです。

1枚目:表
1枚目:裏
2名目:表
2枚目:裏

娘は3歳なので、イラスト面を使う方が食いつき良く理解しやすい様子でした。

まりぷー
まりぷー

数字学習は最初が肝心!

子どもが嫌がらないように、楽しく学べる素材を用意するとスムーズに始められるよ!

最初は「りんごが1!」「りんごが2!」と一緒に数えながら遊んでいました。

1か月後には、「りんご3つください!」と言うと、3玉移動できるようになったので、数を言うだけでなく数の概念も理解できていると実感しました。

くもんの玉そろばん120は・・・

  • 年齢問わず長く使える
  • 数字・計算の理解度によって使い方を変えられる
  • 2色でカラフル過ぎない

くもんを選んだきっかけは、

他の100玉そろばんと比べて圧倒的に口コミの評判が良かったから

実際に使ってみると口コミ通り、「丈夫・使いやすい・長く使える」の3拍子揃っていたのでくもんしてよかったと感じています。

くもんなら、不良品報告はほぼありませんし、0歳~小学生まで年齢に応じて長く使えますよ。

100玉そろばんの選び方

100玉そろばんは数字や計算学習以外にも、指先を使って脳を活性化させる知育玩具としても活用されています。

その証拠に、小学校受験対応の幼児教室やベビーパークでも活用されているんですよ。

0歳~小学生まで使えるので、安全で長く使えるものを選ぶことが大事!

失敗しない優秀な100玉そろばん選びのポイントを4つ解説しますね。

  1. 4000円以内のものを選ぶ
  2. 木製
  3. 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない
  4. 玉のカラーは2色まで

①4000円以内のものを選ぶ

Amazonや楽天で100玉そろばんを検索すると2000円台~3万円台まで幅広くあります。

正直、1万円以上出す必要なし!

家庭用は、2000円~4000円以内のもので十分!

上でご紹介した5種類は、全て4000円以内です。

もう一度確認したい方は、下記をクリックしてゆっくりご覧くださいね↓↓

②木製

本体は、木製を選んでください。

たまにプラスチック製がありますが、プラスチックは木製と比べて壊れやすく長持ちしません。

まりぷー
まりぷー

我が家のヤンチャ娘だったら踏みつけて壊しそう

100玉そろばんは長く使うもの。

上でご紹介した商品は全て木製なので長持ちしますよ。

③両端に玉を分けたとき上下の玉が被らない

あまり知られていないのですが、 両端に玉を分けたとき上下の玉が被らないものを選ぶようにでください。

玉が被らない状態とはこんな感じ↓↓

例えば、下写真のように上下の玉が被ると数えにくいです↓↓

上でご紹介した100玉そろばんは、サクラクレパス以外は全て被らないタイプですよ。

④玉のカラーは2色まで

100玉そろばんを本格的にお勉強として使いたい場合は、玉の色は2色までがいいです。

理由は・・・

カラフル過ぎると数えにくいから!

友人宅でカラフルな100玉そろばんで遊ばせてもらいましたが、玉を分けたとき数が認識しにくかったです。

まりぷー
まりぷー

カラフルだと子どもの食い付きは良いけど、お勉強としては使いにくい

多くても3色までが無難。

2~3色の100玉そろばんは下記の3つですよ↓↓

  • くもん
  • トモエ
  • ダイイチ

100玉そろばんで数字に強くなろう!

ご紹介した長く使えるおすすめ100玉そろばんをおさらいします↓↓

  1. 【くもん】玉そろばん120
  2. 【トモエ】そろばん
  3. 【ダイイチ】播州そろばん
  4. 【学研】遊びながらよくわかる 木製100玉そろばん
  5. 【サクラクレパス】雲州堂 百玉そろばん

我が家では、本格的に数字学習をしようと思った満3歳の時に100玉そろばんを購入しました。

以前は数字ポスターのみで教えていたのですが、数字は言えても個数や分けると言った数字の概念が理解できず悩んでいました。

100玉そろばんを導入してからは、3歳でも驚くほど数字の概念を理解できるようになったので効果を実感しています。

まりぷー
まりぷー

もっと早く買えばよかった

「100玉そろばんは小学生が使うもの!」と思われがちですが、そんなことありません。

0歳~1歳のような小さな子でも、指の運動や数字に興味を持つきっかけを与えてくれます。

「小学校入学までに数字の基礎を学んで欲しい!」

「数字に対して抵抗感を持って欲しくない!」

と考えている方は、100玉そろばんで遊んでみてくださいね。

↓↓買ってよかった知育玩具↓↓

マグフォーマー類似品おすすめ3選!磁力が強いものだけを厳選

マグフォーマー類似品おすすめ3選!磁力が強いものだけを厳選

1歳知育玩具!

1歳で買ってよかったおもちゃ10選!長く使えるものだけを厳選

2歳知育玩具!

2歳の実用的なプレゼントの画像 2歳が喜んだプレゼント8選!長く使える実用的な知育玩具

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です