くもんのおもちゃおすすめランキング10選!小学生まで遊べる知育玩具

この記事は、おすすめのくもんおもちゃランキングトップ10を紹介します。

くもんのおもちゃは、安くて丈夫なのに知育要素の高いものが揃っています。

ただ「くもん おすすめ おもちゃ」と検索すると、たくさん出てきてどれがいいのか悩みますよね。

そこで今回は、実際に買ってよかったくもんおすすめおもちゃを10種類紹介します。

この記事を読むと、2歳~小学生まで長く遊べるくもんの知育玩具がわかりますよ。

くもんのおもちゃおすすめランキング

私は娘が1歳の時から、15種類以上のくもんおもちゃを買ってきました。

その中でも、実際に娘が喜んだくもんおもちゃをランキング形式で10種類紹介します。

  1. 図形キューブつみき
  2. くもんの磁石あいうえお盤(すうじ盤50)
  3. すうじ盤100
  4. くもんカード
  5. もじ・かずボード
  6. くもんのジグソーパズル
  7. 図形モザイクパズル
  8. くもんの日本地図パズル
  9. くみくみスロープ
  10. くもんワーク

1位:図形キューブつみき

【対象年齢】
・3歳~
【購入時の年齢】
・満3歳
【内容】
・図形キューブ
・収納用木箱(フタ付)
・パターンカード
・シール

娘が一番気に入ってるくもんおもちゃランキングダントツの1位は「図形キューブつみき」です。

解説・パターンカードには、4レベルの図形が書かれています。

最初は満3歳でできるか心配でしたが、レベル1から練習を繰り返しているうちにすぐ慣れました。

3歳2か月になると、私が手助けしなくても作品カードを見ながら一人でちょっと難しい平面・立体図形も作れるようになりました。

私は小学生の頃、図形の問題が苦手だったので娘には苦労して欲しくないと思いこのくもん図形キューブを購入しました。

今では毎日「キューブする!」と言うくらいハマってくれているので、2歳半頃に購入しても良かったかなと感じています。

くもん図形キューブ積み木は、専用収納ケース付きなので紛失したり散らかる心配はありません。

長く使えて遊び方が豊富!

コスパ抜群なので親としても助かってます。

2位:くもんの磁石あいうえお盤

【対象年齢】
・1歳半~
【購入時の年齢】
・2歳半
【内容】
・ひらがな・数字盤(裏表)
・ひらがな・数字玉

2歳半からワークでひらがなを教えていたのですが、なかなか覚えてくれず・・・。

そんな時に見つけたのが「くもんの磁石あいうえお盤」でした。

ボードには、裏表にひらがなと数字が載っています。

1つのおもちゃで2種類の学習ができるので一石二鳥ですよ。

磁石の玉の裏表には、ひらがな・数字が書かれています↓↓

2歳児でも握りやすい厚みと大きさなので遊びやすかったです。

ワークでは「か行」までしか覚えられなかった娘。

くもんのひらがな盤で遊び始めてからは、たった1週間で「あ」~「ん」まで言えるようになりました。

ワークでお勉強としてを教えるのではなく、遊びながら楽しく学習できたのが効果的だったと感じています。

常に見える位置に立てかけておくと、すぐ覚えますよ。

まりぷー
まりぷー

我が家はいつも机に広げて見えるように置いてるよ!

磁石なので散らからず片付けがラクですよ。

3位:すうじ盤100

【対象年齢】
・3歳~
【購入時の年齢】
・3歳
【内容】
・数字盤
・数字マグネット

2歳10か月のときに、2位でご紹介したあいうえお盤で50まで覚えてしまったので、3歳の頃に100まで学べるこちらのすうじ盤を購入。

あいうえお盤と比べて、マグネットのサイズは少々小さめ。

当時3歳の娘にとっては小さすぎず、大きすぎずちょうどいいサイズ感でした。

磁力は、2,3歳児でも簡単に取り外しできる強さなので一人でも遊べますよ。

1~100まで一気にマグネット玉を渡すと、なかなか覚えてくれませんでした。

「1~10」まで覚えたら、次は「11~20」。

「11~20」まで覚えたら、次は「21~30」。

のように10単位で渡すと覚えやすいですよ。

まりぷー
まりぷー

焦らず少しずつ学ぶ方が覚えやすい!

並べる以外にも、数を数えながら積み重ねて遊ぶと、数の概念や量を学ぶのに役立ちますよ。

布製の収納袋も付いているので散らかったりなくなる心配はなし!

数字学習のおもちゃの代表といえば「100玉そろばん」。

小学生まで長く使えるおすすめ100玉そろばんは下記記事をご覧ください。

100玉そろばんのおすすめ5選を比較!後悔しない選び方を解説

4位:くもんカード

【対象年齢】
・0歳~
【購入した年齢】
・1歳~3歳にかけて少しずつ揃えました
【内容】
・カード
・ポスター
・CD

くもんカードは、Amazon・楽天の口コミがとても良かったので気になり、娘が1歳の頃から成長に合わせて買い集めました。

実際に使ってみると、口コミ通りすごかった!

くもんカードで一番効果を感じたのは、語彙力の向上。

例えばカタカナカードは、文字に関連するイラストと一緒に書かれていたのでアッという間に全て暗記しました。

裏面は一文字が大きく載っているので、指なぞりの練習もでき助かっています↓↓

カードはすべて破れたり、折れない丈夫な素材。

少々乱暴に扱ってしまっても大丈夫ですよ。

種類によっては、カード以外にもポスターやCD・ミニ絵本が付いています。

カタカナカードミニ絵本
時計カードポスター

カタカナカード以外の実際に使ってよかったくもんカードは下記記事にまとめたのでご覧ください。

くもんカードおすすめ10選!実際に効果があったものだけを紹介

5位:くもん水でおけいこ!もじかずボード

【対象年齢】
・3歳~
【購入時の年齢】
・3歳2か月
【内容】
・ひらがなボード(2枚)
・カタカナボード(2枚)
・すうじボード(2枚)
・専用ペン(2本)

3歳からはいよいよ本格的に書く練習を始めたい年齢。

我が家では市販ワークや幼児ポピーで文字・数字を書く練習をしていますが、一度書いたら終わり。

何度もワークを買い足すのは不経済なので悩んでいました。

娘は3歳になった頃から、運筆が好きでワークを買ってもたった2日で終わらせてしまっていたので・・・。

まりぷー
まりぷー

好きなのは嬉しいけどお金かかる

そんなときに見つけたのが、「 くもん水でおけいこ!もじかずボード 」。

名前の通り、専用の水ペンで書くので繰り返し使えて経済的。

約1分で乾くのですぐにまた練習できますよ。

ボードは、ひらがな・カタカナ・数字の3種類(2枚ずつ)

表裏あり、いろんなバージョンで練習ができます。

ひらがな:表
ひらがな:裏

個人的に嬉しかったのは、ペンの形。

鉛筆初心者は、丸より三角の方が持ちやすいんです。

おかげで持ち方を教えなくても自然と正しい鉛筆の持ち方が身に付きました。

6位:くもんのジグソーパズル

【対象年齢】
・1歳~
【購入時の年齢】
・1歳半~発達段階に合わせて購入

くもんのジグソーパズルは、質がめちゃくちゃ良い!!

少々乱暴に扱っても、ヨレない!破れない!折れない!

イラスト部分がはがれることもないので、1歳のような小さい子でも思う存分遊ばせてあげられますよ。

くもんのジグソーパズルは全8ステップあり、それぞれ対象年齢やピースの数が違います。

まりぷー
まりぷー

表はスクロールして見てね

対象年齢(目安)ピース数セット数
STEP01歳~1ピース(×11)×
STEP 11,5歳~2ピース(×2)
3ピース(×2)
4ピース(×2)
6ピース(×2)
8セット
STEP 22歳~9ピース
12ピース
16ピース
20ピース
4セット
STEP 32,5歳~24ピース
35ピース
48ピース
3セット
STEP 43歳~54ピース
70ピース
88ピース
3セット
STEP 53歳~96ピース
117ピース
140ピース
3セット
STEP 63.5歳~154ピース
192ピース
2セット
STEP 73.5歳~204ピース
234ピース
2セット

娘は3歳4ヶ月ですが、ステップ3が一番好きでよく遊んでいます。

ステップ3であれば、一人ででき「自分でできた!」という達成感が味わえるからかなと思っています。

対象年齢はあくまでも目安!

パズル初心者は、目安年齢-1歳のステップからはじめると失敗しませんよ。

まりぷー
まりぷー

少ないピースからはじめると「できた!」を実感できるから早く上達するよ!

例として、今娘がハマっている「ステップ3:すごいぞはたらく車」を紹介します。

ステップ3は、1つの箱に3種類(24P・35P・48P)入っています。

3種類ともピースの裏には番号が書かれています。

色分けもされているので、たとえ3種類のピースがごちゃごちゃになっても困りません!

くもんのジグソーパズルは、乗り物や動物など10種類以上あり豊富!

我が子の好みに合わせて選んであげてくださいね。

7位:図形モザイクパズル

【対象年齢】
・4歳~
【購入時の年齢】
・3歳4ヶ月
【内容】
・四角ピース(4色:各4個)
・三角ピース(4色:各8個)
・マグネット盤
・ガイドボード(20枚:40例)
・解説書

図形モザイクパズルとは、マグネット式の正方形・二等辺三角形のピースを組み合わせてボードにはめる知育玩具。

磁力は、強すぎず弱すぎずちょうどいいです。

対象年齢4歳~なので3歳4ヶ月では少し早いかなと思いましたが問題なく遊べました。

ピースを当てはめるガイドボードはレベル別に20枚。

裏表あるのでボリューム満点。

厚紙なので破れる心配ありません。

ボードカードを使わなくても、こんな感じで自由に形を作ってもOK!

ヨット(3歳児作)

解説本にはたくさん例が載っています。

想像力次第で遊び方は無限にありますよ。

ピースとボードは、ジップロックに入れて収納するとなくなりませんよ。

図形モザイクパズルは、「三角を2つ合わせると四角になる」など、図形の合成・回転・分解が遊びながら自然に学べて期待通りの知育玩具でした。

集中しないとできない遊びなので、集中力や思考力も身に付きますよ。

まりぷー
まりぷー

大人も楽しめる!

8位:くもんの日本地図パズル

【対象年齢】
・5歳~
【購入時の年齢】
・3歳4ヶ月
【内容】
・パズル台
・色分け都道府県ピース(47個)
・発展ピース(47個)
・都道府県名確認地図(1枚)
・地形図(1枚)
・特産物・名所の地図と世界遺産の地図(1枚)
・ひらがなシール
・ピース収納袋(2枚)

日本地図パズルを一言で表すと・・・

良くできる!!

ピース一つひとつが都道府県になっているので、都道府県の大きさ形が覚えやすいです。

パズルは、地方ごとに色分けされた「基本ピース」と無地の「発展ピース」の2種類↓↓

基本ピース
発展ピース

最初は基本ピースで遊び、慣れてきたら発展ピースへ移行します。

色分けピースは、地方名・地方の境目を区別し、覚えるためにとても役に立ちますよ。

都道府県名は、全て漢字表記。

漢字がまだ読めない低年齢の子は、付属のひらがなシールを貼るのもアリ!

娘は3歳なのでひらがなシールを貼っています。

都道府県を覚えながらひらがな読みの練習もできるので一石二鳥。

ひらがなシールの横に「目隠しシール」も付いています。

ある程度覚えたら目隠しシールを貼りテストするといいですよ。

くもん日本地図パズルは、一つひとつのピースが小さい!

だからなくなりそうで心配ですよね。

でも安心してください!

なくならないよう、ピース収納袋が2枚付いています。

遊んだ後は袋に入れる習慣を付ければ大丈夫です。

最後は、パズル台の中に入れて収納すればOK。

まりぷー
まりぷー

コンパクトになるから、収納場所に困らないよ

購入後に知ったのですが、日本地図パズルにはポスターが3種類付いていました。

地図には、地方ごとの特産品や世界遺産などが書かれています。

パズルで都道府県の名前を覚えるのではなく、都道府県の特徴も学べるのはありがたいなと思いました。

まりぷー
まりぷー

大人でも勉強になる!

くもん日本地図パズルなら、遊び感覚で効率よく日本に付いて学べますよ。

世界地図もあるよ↓↓

9位:くみくみスロープ

「くもんのおもちゃと言えばコレ!」というくらい口コミで評判のくみくみスロープ。

我が家がよく利用する遊び施設にあり、娘は行くたびに遊んでいます。

組み合わせ方は自由。

年齢に合わせて長く遊べますよ。

娘は、玉が落ちる過程がを見るのが好きで、落ちた玉を繰り返し落とし喜んでいます。

対象年齢は3歳からですが、誤飲の心配がなければ1,2歳でも遊びますよ。

10位:くもんワーク

【対象年齢】
・2歳~8歳
【購入時の年齢】
・2歳から能力に合わせて随時購入

おもちゃではありませんが、くもんワークは机に向かう習慣・能力向上に役に立っています。

思考力は上でご紹介した知育玩具で十分身に付けられますが、「じっくり考える」力はワークの方がいい!

私は今まで20冊以上の幼児ワークを使ってきました。

幼児ワークは、色が濃くチカチカしてたり、イラストが多すぎるものが多いんですよね・・・。

くもんのワークは、目に優しい薄めの色。

余計なイラストがないので、問題に集中し取り組みやすいです。

はじめてのすうじ(2,3,4歳向け)
はじめてのすうじ(2,3,4歳向け)

くもんワークは、4ジャンルに分かれています↓↓

  • 英語(3歳~)
  • 文字・言葉(2歳~)
  • 数・計算(2歳~)
  • 迷路(2歳~)
  • 工作(2歳~)

合計38冊販売されています。

Amazonや楽天で「くもん ワーク」と検索すればたくさん出てきます。

「そろそろ机に向かう習慣を付けたい!」

「小学校入学までに基礎学力は身に付けたい!」

という方は、お気に入りの1冊を探してみてください。

参考として、娘が喜んで使っているワークを3冊載せておきますね。

継続してワークに取り組みたい場合は、通信教育をはじめるといいですよ。

市販ワークも良いですが、いちいち購入するのが面倒なんですよね。

忙しい毎日を送ってると、買い忘れたりして継続するのが難しい・・・。。

まりぷー
まりぷー

学習は継続しないと意味ないからね

通信教育なら、毎月各年齢に合った教材が届くのでダラけず継続できます。

私は今まで10社以上の通信教育&英語教材を利用してきた経験から、ワーク系通信教育で一番よかったのは「幼児ポピー」

幼児ポピーは、脳科学に基づき地頭を良くするためのワーク学習教材です。

月980円からはじめられるのでコスパ抜群!

我が家は娘が市販ワークをきっかけにワーク好きになり、2歳の頃ポピーももちゃんを受講。

ポピーは、シールや工作課題が豊富なので遊び感覚で学べます。

「ポピーは簡単すぎる!」という口コミはありますが、娘にとっては取り組みやすいレベルで、机に向かう習慣付け教材としてちょうどよかったです。

おかげで学びが好きになり、3歳を過ぎた今では朝と夜に自分から机に向かう子になりました。

まりぷー
まりぷー

「自分でできた!」を実感できるから楽しいみたい!

今なら2週間分のお試しワークがもらえます。

気軽にもらって体験してみてください。

【ポピー公式】無料ワークをもらう!

くもんおもちゃのおすすめランキングまとめ

最後にもう一度、今回ご紹介した10種類のくもんおすすめおもちゃをまとめておきますね。

まりぷー
まりぷー

気になるおもちゃをクリックすると戻れるよ!

くもんのおもちゃは、安くて丈夫!

他の知育玩具と違い、0歳~小学校高学年まで長く使えるのでコスパ抜群♪

3歳の娘は、くもんおもちゃのおかげで図形や数字に興味を持つようになりました。

遊びの中で知育を取り入れたい方はぜひ参考にしてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA