フライングボール本物と偽物の見分け方3選!正規品との違いを解説

本記事には広告が含まれています

フライングボールはたくさん種類があるので、本物と偽物の見分け方に悩みますよね。

そこで本記事では、フライングボールの本物と偽物の見分け方を紹介します。

この記事を読むと、評判の高い本物のフライングボールがわかりますよ。

本物のフライングボールが欲しい方はご覧ください!

フライングボール本物と偽物を見分け方

お店やネットで販売されているフライングボールは、全て本物です。

理由は、フライングボールが特許玩具ではないから!

本物か偽物かは、特許を取得しているかで決まります。

フライングボールは、特定の会社が特許を取得して制作しているおもちゃではないので偽物が存在しません。

よって、様々な形や値段のフライングボールがありますがどれも本物です。

ただ、フライングボールによっては低品質なものもあるので注意が必要。

高品質な商品を選ばないと少ししか飛ばなかったり、すぐ壊れて無駄になります。

今回は、実際にフライングボールを購入してわかった、高品質な本物フライングボールの見分け方ポイントを3つ紹介します。

  • 形が丸い
  • LEDライト付き
  • 網目が細かい

形が丸いものを選ぶ

フライングボールは、丸い形のものを選んでください。

平べったい形や半円形などさまざまな種類がありますが丸型が主流です。

私は丸形と平べったい形をした2種類のフライングボールを購入し比較してみましたが、丸型の方が持ちやすかったです。

浮いたときも丸型の方が綺麗です。

LEDライト付きを選ぶ

フライングボールは、LEDライト付きとライトなしの2種類あります。

せっかく購入するなら、LEDライト付きを選んでください。

ライト付きはめちゃくちゃ綺麗!

青・緑・赤・ピンクなど様々な色が同時に光ります。

暗い場所で飛ばすと盛り上がりますよ。

昼と夜で遊び方が変えられるため、遊びの幅が広がり楽しいです。

網目が細かいものを選ぶ

フライングボールは、指が入らない網目が細かいものを選んでください。

種類によっては、網目が粗く子どもの指なら簡単に入ってしまうものがあります。

フライングボールの中には小さなプロペラが入っているので、指が入ると危険です。

網目が細かいと、幼児の細い指も入らないので安心して遊べます。

参考として、買ってよかった網目が細かいフライングボールを載せておきますね。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

人気の高いフライングボールを知りたい方は、下記記事をご覧ください。

フライングボールおすすめ7選を比較!買ってよかったものを紹介

フライングボール偽物の注意点

フライングボールは、種類がめちゃくちゃ多い!

全て本物ですが、中には不良品的な偽物があるので注意が必要です。

購入前に知っておきたい、不良品的偽物の見分け方を2つ紹介します。

値段が安い

Amazon・楽天で販売されているフライングボールは、2,500~4,000円のモノがほとんどです。

2,000円以下の安いフライングボールは、すぐ壊れる可能性が高いので避けた方がいいです。

安いものには裏がある!

値段だけ見て飛びつかないように気を付けて!

安く購入できても、すぐ壊れて買い直しになると逆に高い買い物になってしまいます。

フライングボールは、驚くほど値段が高いハイテクおもちゃではありません。

3,000円前後の平均価格のものを選ぶと長持ちしやすいです。

口コミ・評判が高い

ネット購入する場合、購入者の口コミ・評価を必ず見てください。

確認すべき項目

  • 星の数
  • 購入者の感想文
  • 口コミ件数

私は、20種類以上あるフライングボールの「星の数・感想・口コミ件数」を徹底的に調査してからフライングボールを購入しました。

特に口コミ投稿数と星数を重視!

口コミ件数1000以上・星3.9の「Gimamaフライングボール」を購入したので失敗しませんでした。

Gimamaフライングボールは、圧倒的に高評価の口コミが多かったため、耐久性・遊びやすさ共に抜群でした。

口コミ投稿数が3桁以上あり、星の数が3.9以上のモノなら不良品的偽物を選んでしまう可能性は低いです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

フライングボールの本物で遊んでみた感想

本物のフライングボールの中でも特に人気がある「Gimamaフライングボール」で遊んだ感想を3つ紹介します。

本体が軽い

Gimamaフライングボールは、重さが27gとかなり軽いです。

持ってる感覚がないくらい軽かったので、初めて持ったときは驚きました。

他のフライングボールは30g以上あるものがほとんど。

Gimamaフライングボールはかなり軽量でなので遊びやすかったです。

握りやすいサイズ

Gimamaフライングボールは、幼児の小さな手でも持ちやすいコンパクトサイズです。

満4歳児が持つとこんな感じ↓↓

大人なら片手で操作できるくらい小さいです。

持つ・握る・キャッチするなど、どんな遊び方をしても扱いやすいサイズでした。

壁や床を傷つけない

Gimamaフライングボールは、柔らかいので壁や床を傷つけません。

少し力を入れると下写真のようにへこみます。

フライングボールは、扱い方に慣れるまでよく壁に当たって落ちてしまいます。

満4歳の娘は最初、狙った場所に飛ばせずよく壁に当たっていました。

壁紙が傷まないか心配しましたが、柔らかい質で作られているおかげで無傷です。

安心して室内で遊べます。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

フライングボールはすべて本物!

本記事では、フライングボールの本物と偽物の見分け方を紹介しました。

フライングボールは、特許玩具ではないので偽物は存在しません。

すべて本物!

下記のポイントを押さえて購入すれば失敗しません。

  • 30g前後の軽量製品を選ぶ
  • 口コミ評判が良いものを選ぶ
  • 3,000円前後の商品を選ぶ

フライングボールは、室内・室外問わず遊べます。

幼児~大人まで楽しめるので、お気に入りを見つけて遊んでみてください。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す